読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁理士葉隠れ道~欧州・ドイツ篇~

日本と欧州との懸け橋となるべく、慣れない欧州で七転び八起きしながらも欧州のローファーム(特許法律事務所)で何とか励む日本弁理士の日記です。欧州の現状の紹介や、海外での勤務を夢見る方々の参考になれば幸いです。 <免責事項>本ブログは、管理人である私一個人の見解を記載したものであり、内容について管理人の勤務先が責任を負うものではありません。また本ブログの内容は無保証です。ご利用は自己責任でお願いします。ご理解のほどお願いします。 ご意見等はこちらまでお気軽にどうぞ。minmin70707アットマークyahoo

欧州特許庁、欧州弁理士会、ドイツ弁理士会、マックスプランク研究所への表敬訪問

この度、日本弁理士会の代表団の先生方に同伴させて頂き、EPI、PAK、マックスプランク、EPOを訪問した。オブザーバーとして客観的な立場で参加させて頂いたことで、現地の代表団が日本弁理士会の代表団のレクチャーに非常に興味深く耳を傾け、熱心な質疑応答を行い、交流を通じて双方の親睦が深まっていることを目の当たりにすることができた。日本と欧州との法制度、特許実務、言語、文化、時差等の相違が原因で生じる数々の軋轢を欧州での日常業務で目の当たりにしているだけに、日本側の最新の特許実務等を理解してもらうとともに現地代理人や審査官等と忌憚のない意見交換を行い、強固な協力関係を築くことは、日本で創出された知的財産を現地で的確に保護する上で不可欠である。

 

f:id:hagakure777:20160510232015j:plain

また、今回は、訪問先の候補として提案したマックスプランクとのアポイントを知人経由で取らせて頂き、弁理士会としては初のマックスプランクの訪問となった。しかしながら、マックスプランク・ロー・センターの学生の試験時期と訪問時期とが重なり、マックスプランクで知的財産を研究する世界各国から集った裁判官、弁理士、弁護士それらの卵に向けて代表団が講演することができなかった点が非常に心残りである。この点については、次回はぜひマックスプランクの研究者や学生の前で弁理士会代表団が講演する機会を設けられるよう、マックスプランクの事務局責任者に再度お願いした。今回の訪問が、欧州随一の研究機関であるマックスプランクでの日本弁理士会の講演への一助となれば幸いである。

 

今回、現地で働く日本弁理士が日本弁理士会の代表団に同伴するという初の試みに参加させて頂き、非常に有意義な時間を過ごさせて頂いた。一方、私なりの現地で働く日本弁理士の課題も見つけることができた。現在、30名ほどの日本弁理士が欧州内の企業や特許事務所に所属してはいるものの、EPI、PAK、マックスプランク、EPO等、現地の関連機関と現地の日本弁理士との公的な場面での接点は非常に少ない。日本弁理士会に向けて発信されている情報もまだまだ少なく、現地で働く日本弁理士が情報発信や収集、現地との連携に十分に活用されているとは言い難い状況である。日本弁理士が欧州の現地事務所に勤務していることも現地では余り認知されていないようで、わざわざなぜドイツに来たのかと各訪問先で同様の質問を受けた。『日本と欧州との懸け橋となることを目的としてドイツに亘り、現地の特許事務所で働いている』旨を話すと先方はその言葉に感銘を受けたと述べる一方、その必要性をドイツ弁理士、欧州弁理士、審査官としても日々の業務で痛感しているようであった。今回の同伴を通じて、総勢で30名近い現地の代表者とお逢いすることとなったが、私の場合はそれを起点として今後の現地での活動に繋げなければならない。欧州の知財の中心であるドイツに滞在しているという地の利を活かして今後も現地の代表者との親睦を深め、忌憚のない意見交換や定期的な情報発信していくことで、日本弁理士のネットワークが欧州にも根を下ろし、国際的に活動していることを認知させていかなければならない。また、現地では、『日本はアンチパテント国家でありマーケットが縮小している』という負のイメージが先行している。これに対し、例えばEPOは、日本の主要出願人や日本知的財産協会を定期的に訪問し、欧州のマーケットの規模、特許取得の効果、模倣品対策の重要性等を、実例を交えて訴え掛けている。減少傾向にある欧州から日本への出願件数を増やすという観点では、日本のマーケットや権利取得のメリットを現地の有力企業や組織に紹介する活動も今後必要になってくると思われる。現地に属する私個人としても、その活動の一貫を担えるよう、現地企業等とのパイプを太くしていかなければならないと実感することができた。

 

f:id:hagakure777:20160510232035p:plain

f:id:hagakure777:20160510232059p:plain

f:id:hagakure777:20160510232117j:plain

f:id:hagakure777:20160510232131j:plain

f:id:hagakure777:20160510232139j:plain