読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁理士葉隠れ道~欧州・ドイツ篇~

日本と欧州との懸け橋となるべく、慣れない欧州で七転び八起きしながらも欧州のローファーム(特許法律事務所)で何とか励む日本弁理士の日記です。欧州の現状の紹介や、海外での勤務を夢見る方々の参考になれば幸いです。 <免責事項>本ブログは、管理人である私一個人の見解を記載したものであり、内容について管理人の勤務先が責任を負うものではありません。また本ブログの内容は無保証です。ご利用は自己責任でお願いします。ご理解のほどお願いします。 ご意見等はこちらまでお気軽にどうぞ。minmin70707アットマークyahoo

欧州特許出願の補正 ~形式的事項~

 

欧州特許出願の補正においても、PCT、WIPOのガイドラインに従って、以下の様式で用意することがお勧めです。

以下の内容は、例えば、オフィスアクション(中間対応)への応答時に補正書+意見書を提出する場合等が該当します。

 

 

  • 提出書面

 

(i) a complete set of claims in replacement of the claims originally filed

(ii) a letter which must indicate the differences between the claims as filed and those as amended plus the basis for the amendments

 

  • 意見書で述べるべき内容

 

補正書に添付する意見書では、オリジナルの特許請求の範囲と補正後の特許請求との範囲、並びに補正の根拠を示します。また、補正のない請求項や削除された請求項についても、以下のように明記するとよいです。

 

(i) the claim is unchanged,

 

(ii) the claim is cancelled;

 

(iii) the claim is new;

 

(iv) the claim replaces one or more claims as filed;

 

(v) the claim is the result of the division of a claim as filed, etc.

 

 

意見書では、上記事項について述べたあと、

新規性や進歩性に対する拒絶理由に対するコメントを記載します。