読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁理士葉隠れ道~欧州・ドイツ篇~

日本と欧州との懸け橋となるべく、慣れない欧州で七転び八起きしながらも欧州のローファーム(特許法律事務所)で何とか励む日本弁理士の日記です。欧州の現状の紹介や、海外での勤務を夢見る方々の参考になれば幸いです。 <免責事項>本ブログは、管理人である私一個人の見解を記載したものであり、内容について管理人の勤務先が責任を負うものではありません。また本ブログの内容は無保証です。ご利用は自己責任でお願いします。ご理解のほどお願いします。 ご意見等はこちらまでお気軽にどうぞ。minmin70707アットマークyahoo

SEO:検索エンジン最適化

いつもご覧くださってありがとうございます。 元々は恩師、故郷の友人への一方的な手紙と、海外で将来働きたい方への情報発信というつもりではじめた当ブログですが、お蔭さまで最近、googleやyahoo等で検索すると上位に出てくるようで、 『もし…

『欧州特許庁EPOの効果的な使い道』

欧州特許庁は、欧州連合に次ぐ欧州第二位の規模を誇る組織で、優れた調査機関です。 高額ではありますが、様々なサービスを提供し、その審査実務、審査結果、法制度は他国・後進国にも大きな影響を及ぼします。欧州特許庁の使い方如何によっては、信頼性の高…

クレームの明確性 EPC84条違反に対する応答

中間処理において応答が難しく、日本の特許実務との相違が大きいのが、クレームの明確性 EPC84条違反です。 日本の特許法36条6項2号「特許を受けようとする発明が明確であること」に対応する規定です。 -approximately -substantially -about 等の…

海外の有力な法律・特許事務所

kaigai-tokkyo.net 元勤務先が掲載されてました。 それなりに現地でも、クライアントからも評価されている事務所が掲載されているので、それなりに信憑性は高そうです。 以下、ドイツ部分引用。 事務所名(アルファベット順)ランクインしている分野 出願・…

国際出願関係手数料改定のお知らせ

www.jpo.go.jp 以下、特許庁より引用。 平成28年(2016年)6月1日から、為替レート変動に伴い国際出願関係手数料が改正されます。平成28年6月以降に国際出願関係手数料の納付をする場合は、各種手数料の額及び適用関係に御注意をお願いします。 1. 国際出願…

パテントスコープ

www.wipo.int 意外と便利です。PATENTSCOPE 【PATENTSCOPE 検索機能の特長】 • 言語をまたいだ検索• 詳細な書誌情報を収録• 近傍検索• 重み付け検索• 語幹処理を適用した拡張検索• 類義語による拡張検索• 複数の検索用語による検索• 演算子を使用した複合検索

単一効制度と統一特許裁判所について

来年にははじまる、はじまらないという議論を10年以上続けてきた、欧州圏内で一つの特許効を認める単一効制度ですが、ついに2017年には施行されそうな予感です。 また最近盛り上がってきてはいますが、 正直、欧州特許庁に対する特許出願は、オプトア…

PCT出願の国際調査機関の見解書ISAに対する非公式コメント“informal comments”  其の弐

PCT出願の国際調査機関の見解書ISAに対する非公式コメントについては、WIPOより詳細に説明されております。以下、下記WIPOニュースレターに基づく情報です。 http://www.wipo.int/export/sites/www/pct/ja/newslett/2015/newslett_2015.pdf Q:…

PCT出願の国際調査機関の見解書ISAに対する非公式コメント“informal comments”

PCT出願においては、国際調査機関の見解書(WO/ISA)について反論できる機会を出願人に与えるため、 非公式コメント“informal comments”の提出が認められています。 非公式コメントは、PCT出願の言語で国際事務局(IB)に直接提出します。 国際事務局は…

さっちザット such that は据え置き

クレームに使われる“A is B such that a is b”のsuch thatには、特有の意味があって、 A is B はあくまで 『a is b のような感じ』であって、 a is bではありません。 例えば、 ・AのB部は、aがbとなるような態様で形成される と日本語で表記されていた …

新天地にて4か月経過 ~所感と課題~

早いもので新しい職場で約4か月が経過しました。 学ぶこともイベントも本当に色々ありすぎて全く処理が追いついていませんが、 あっという間に月日が経ちました。ドイツに初めてきた最初の4か月よりも仕事面では色々ありました。。 思えば、約一年前、今の…

欧州特許庁への新規性、進歩性違反に対する応答案についてのおさらい 其の壱。

キーワードは、“シンプル”かつ“明確”に。 (1)新規性 ・引用文献と相違する構成要素についてのみ言及。本願発明と共通する構成要素についての言及は不要。表現方法は本願と引用文献との間で相違があるので、本願クレームもしくは補正後の本願クレームの文…

実務業務の効率化 ~成長軌跡を残すことの重要性~

今年からは、慣れない実務経験と未熟な英語力及び知識をもって、出願書類のチェックや中間処理と格闘する毎日です。 この二年間、経営戦略、マーケットリサーチ、渉外、新規開拓に専念してきただけに、弁理士としての実務的なスキルはまだまだ赤ちゃんレベル…

欧州審査基準改訂2014  H部 IV章 2.3 と根拠審決の解析 ~補正要件に影響する改訂事項~

~審査基準 H部 IV章 2.3 ~ 123条(2)の下では、当業者に暗示されている事項を含めて考慮しても、出願された特許明細書に記載されている内容から直接かつ一義的に導き出すことのできない発明の要旨を追加することは認められない。なお、開示事項は、言語で…

欧州の訴訟事情 ~高くても厳しくても遅くてもやはり右肩上がりな欧州特許庁とその背景~

【 世界の特許訴訟動向】 【 EU主要国訴訟動向 ~提訴側及び被提訴側の分野分布~】 ドイツ訴訟動向; (1)機械分野を主要分野(31%)とした 電気電子、化学・製薬の三分野での訴訟が活発 (2)訴訟配分は出願配分に概ね比例 (3)電気電子分野では、ス…

欧州市場の重要性 ~高くても厳しくても遅くてもやはり右肩上がりな欧州特許庁とその背景~

知財は第四次産業。 よって、インフラ、金融、製造基盤等の条件がそろってはじめて、必要性が増す産業です。先進国ほど出願件数と法制度が安定していることからもうかがえます。 このため、出願件数や出願国としての重要性は経済基盤に比例します。 こうした…

欧州特許の審査促進手法

【欧州特許出願における審査促進一覧】 簡易な審査促進手法として、PACE(programme for accelerated prosecution of European patent applications)があります。 申請に際して実際に行われる作業は下記の書面のチェックボックスにチェックするだけです。こ…

『お箸』を保持するための『箸置き』の発明は『お箸』を構成要件としてクレームに含めるべきか ~日本実務との相違~

斬新なデザインの箸置きを発明した個人発明家があなたのところにやってきました。 さて、あなたはどのようにこの箸置きを表現して特許にしますか? こんなクレームを思いつきましたでしょうか?↓↓ 【請求項1】 お箸を保持可能な形状に形成された一対の支持…

図面のみに基づくクレーム補正の是非~日本実務との相違~

経験上、日本の特許実務では、図面のみに開示された特徴に基づく補正であっても認められる傾向にあります。この点、欧州特許庁はそうは問屋が卸さないとばかりに厳格です。 特に、日本では認められているだけに、『図面には開示されているからいいや』と、重…

欧州移行用の出願書類

欧州に移行する特許出願書類は、移行時に特許請求の範囲や明細書の体裁を整えることが可能です。特に、パリ優先権に基づく特許出願の場合、明細書や特許請求範囲の中に不明確な記載等があったとしても、移行後の補正が厳しくなってくるため、移行段階で以下…

欧州特許出願の補正 ~形式的事項~

欧州特許出願の補正においても、PCT、WIPOのガイドラインに従って、以下の様式で用意することがお勧めです。 以下の内容は、例えば、オフィスアクション(中間対応)への応答時に補正書+意見書を提出する場合等が該当します。 提出書面 (i) a complete set …